肝臓や腎臓に副作用が?!

自分にあった容量を心がけること

酒の飲み過ぎや、食べ過ぎ、仕事の疲れなど、様々なことが原因で、胃がもたれてしまい、一日中胃痛の悩みが出てくることもあります。そこで、ファモチジンを服用することで、早い時はすぐに効果があらわれ、悩みを解消してくれます。

 

ただし、効果だけでなく、その他の副作用があるために、利用する前にしっかりと心がけてから服用することが重要になると思います。

 

基本的に、ファモチジンは服用してからの作用時間が長いために1日1回、もしくは年齢や症状により2回の服用が求められます。この段階で容量が強すぎることで、効き目はあるが、同時に副作用が起こる可能性も出てくるために、自分に適応した容量を理解して服用しておくことがまず重要になると思います。胃痛や胸やけの症状が軽い場合は、半錠(5mg)に割ってから服用しても良いかもしれませんね。

 

私は、ファモチジンを服用してから半年ほどたちますが、特に目立つような副作用を感じたことはありません。胃腸薬のなかでファモチジンは副作用の少ないほうだといわれています。ただし、服用する人の胃の状態、それから服用要領により、副作用が起こり、肝機に異常が現れること、それから便が硬くなることもあるそうです。

 

その他にも、ごくまれにですが、ファモチジンを服用してから「不安感、無気力感、不眠」など、精神的な副作用を生じることもあるそうです。原因として、ファモチジンが要因と胃よりも、もともと腎臓がデリケートな人が、ファモチジンを服用することで、負担が多くなり、精神的な副作用が起こりやすくなるそうです。

 

そのほか、肝障害、腎炎、皮膚障害なども発症することもあるために、ファモチジンを服用し、副作用が起こった場合は、すぐに服用を定位しし、病院などで検査を受けることが望ましくなると思います。

 

 

上部へもどる