胃酸の分泌で薬の処方は変わる!!

ファモチジンはH2受容体拮抗薬に部類される

胃の回りを拳で殴られるような、そんな痛みを感じる胃潰瘍の症状。
私は、この悩みを改善するために、最初は市販薬のガスター10を購入していました。家の近くのドラックストアーなどに販売しているために、気軽に購入できる。

 

でも、10錠で約1300〜1400円値隠してました。つまり、1錠で100円もします。

 

服用して完治すればいいのですが、すぐに痛みが起こるために、度々服用を繰り返していた。

 

そんなおり、個人輸入を利用すれば、ガスターと同じ成分が含まれているファモチジンが価格が安いということで、インターネットを利用し購入することになったんですね。

 

 

私が使っているファモチジンは、胃酸の分泌を抑制する医薬品になり、その中でもH2受容体拮抗薬に部類されます。

 

ファモチジンの他に、
「シメチジン、ニザチジン、塩酸ラニチジン、ラフチジン、塩酸ロキサチジンアセタート」などがあるそうです。

 

この中でも、即効性が有り、副作用の少ないのがファモチジンということで、現在も痛みを感じたり違和感を覚えた時に服用しています。

 

胃酸の分泌を抑制する薬はH2受容体拮抗薬の他に「プロトンポンプ阻害薬、抗ガストリン薬、選択的ムスガリン受容体抵抗薬」などがあります。

 

どうしてこのように部類があるかというと、胃酸の分泌の段階によって、分けられているそうです。
H2受容体拮抗薬(ファモチジン)が症状が軽い段階で処方される薬(成分)で、徐々に胃酸の分泌が多いと、抗ガストリン薬、プロトンポンプ阻害薬など、が処方されるそうです。

 

 

胃潰瘍や胃痛など、症状が強い場合は、事故判断よりも、病院などで検査を受けることが改善に近づくかと思います。

 

 

上部へもどる