緊張とイタミ

緊張と神経質

人前に出るとどうしても緊張してしまいます。基本的に、日本人は緊張しやすく、初対面の人や異性の人の前で自分の考えを話すと、どうしても緊張するといわれます。しかし、期間が立てばたつほど、慣れてくるといわれますが、それでも、緊張をほぐすことができずに、しだいに胃が痛く感じる人もいます。とにかく胃は神経質の人にダメージを与えやすく、敏感な機関になるために、緊張しつつ、体が疲れたり、ストレスを感じると、どうしても胃痛がひどくなってしまいます。

 

毎日のように緊張が続き、不安なことを考えると、どうしても夕食が食べられなくなるというケースも多々あると思います。それが元で、胃の壁から大量の胃の粘膜が増えてしまい、胃痛の原因である粘膜が過剰に増えてしまいダメージが起こってしまいます。

 

このような緊張、それから不安から起こる症状により胃の痛みを感じた時にも治療薬であるファモチジンを服用することで改善することができます。

 

どうしても、そのまま放置していると、胃の壁面の血液が減少する理由にもなり、これが元で様々な症状が増えてしまうために、少しでも違和感、痛みなどを感じたり、胃腸薬を服用することで緩和することができると思います。

 

 

上部へもどる