胃に負担をかけないように

胃の改善にセルフケアを

胃潰瘍はピロリ菌が原因とされていますが、こちらは年配の方に多いとされています。

 

胃の中に生息する菌が、上下水道の整備が不十分だった昔、生まれ育った団塊世代以前の人の意の中にピロリ菌が感染したために、胃潰瘍が起こっていたそうです。

 

確率としては約80%以上とのこと。

 

しかし、現在は整備されているために、若い人にピロリ菌が原因で胃潰瘍になることは殆ど無いとのこと。ただし、ストレスが原因だったり、暴飲暴食が関係することも有ります。

 

そのために、日常生活の中でちょっとした生活環境の心がけが重要になると思います。

 

胃潰瘍の症状を感じた時は、専用のファモチジンを服用することで、胃の粘膜に作用し、痛みを和らげ、効果を発揮してくれると思います。

 

しかし、長期間の服用は、胃に負担をかけるおそれがあるために、できることなら服用回数は減らしたいもの。

 

そのために、普段の生活を改善させることで、徐々に胃潰瘍を和らげることができると思います。たとえば、適度な運動を心がけること。

 

胃や腸の働きは自律神経が大きく関わるために、このバランスを整えるためにも、毎日のように運動をすることが進められています。

 

1日に20〜30分のウォーキングや、体全体の神経を和らげる体操、ストレッチなど、毎日のように繰り返すことで、自律神経をトトの、心をリフレッシュすることもできるために、ストレス解消にもつながると思います。

 

それから、毎日の食事にも心がけたいところ。
人間は不思議なもので、カロリーの高いものや脂質の多いものを好みます。しかし、食べ過ぎは禁物で、胃に負担をかけてしまい、胃潰瘍の原因になるために、バランスの良い食生活を心がけたいもの。

 

胃の調子を整えるためにオススメなのが、主食に野菜や豆類などをメインとして食べること。朝、起きてから肉や油の多いものを食べると、負担をかけるために、でいるだけ胃にやさしいヨーグルトや果物で栄養分を吸収することが、改善につながると思います。

 

 

 

上部へもどる