食べる回数を減らす

1日に30回以上は噛むこと

普段からの食事の量や内容が原因で胃もたれや胃痛が起こることがわかっています。そのために、毎日のように計画的な食事の今ントロールを意識することが望ましいことになるとは思いますが、美味しいものをたくさん食べたい、酒を大量に飲みたいなどで、意識してうまく考えて入るものの、そんなに簡単にはうまくはイカないものです。

 

そのために、胃痛や胸焼けを起こしてしまい、最終的に薬のファモチジンのお世話になるわけです。

 

ただし、ファモチジンなどの胃痛を和らげる薬も、出来ることなら服用はしないほうが良いはずです。

 

そのために意識したいのが普段からの食事管理になります。よくかんでゆっくり食べ装飾を防ぐように考えておくこと。この基本的なことを考えておけば、毎日のように意識すれば、胃に対する負担を下げることにも繋がるはずです。

 

早食いは胃酸過多の原因になるので、一口ずつ良くかんで食べること、そして食事のスピードがゆっくりになり、早食いを防ぐようになるために、口の中に食べ物を入れてから、ゆっくりと30回以上は噛むことを意識すれば消化しやすくなります。

 

それから、はらはちぶめをいしきすることもだいじになります。食べ過ぎると、胃が張り詰めた状態になり、食べ物や胃酸の逆流を防いでいる下部食堂が緩みやすくなるので、腹八分目を意識することですね。

 

 

意識するだけでも全然変わり、毎日のように食事をするときに考えておけば、薬を使わずに、胃痛や胸焼けに苦しむこともなくなるはずです。

 

 

上部へもどる