食べた後に横にならないこと

早食いや食べ過ぎには気をつけること

気をつけたいところなんですが、私もよくよくあることで、それが早食いをすることです。口の中に食べ物を頬張り、くちゃくちゃと数回噛んでから飲み込みます。

 

10回も噛まずに飲み込むために、さほど噛みごたえがないことは私もわかっているのですが、すぐに飲み込んでしまうために、喉につっかえているのがわかります。

 

食べるの早かったり、食べ過ぎたり指定が膨らむと、食道と胃の間にある下腹部の食堂が緩み、胃酸が逆流しやすくなります。

 

脂肪分の多い食事をとった場合も、この節約を緩めるホルモンが分泌され、食後すぐに横になるのは物理的に胃酸の逆流になりやすいことがわかっています。

 

あまり間でもいない状態で、食後に横になると、胃の中でしょうかが悪いために、吐き気がしたり、摂家く栄養分の高い食品を食べていたとしても、各回数が少ないと、唾液も少ないために、消化が少ないことがわかっています。

 

たしかに、10代や20代など若い世代ならそんなに悩むようなことではないと思いますが、年齢が高くなるに連れて、どんどん消化が悪くなり、体がうまく対応できなくなる可能性が十分いあります。

 

生活リズムを整えるためにも、口の中に食べ物を入れたら、食べる回数を増やし、食後は30分以上は横にならないように心がけるようにしましょう。

 

体の健康のことを考えたら、毎日のように意識をするだけで大きく変わるはずです。

 

 

上部へもどる